機能改善

こんにちは。今回の担当は、T・Hになります。

今回は、「怪我の後のリハビリ」になります。

怪我とは、筋挫傷、捻挫、打撲、肉離れ(筋損傷)になります。

怪我の後は、筋肉の出力低下、筋力低下、バランス低下、関節可動域の低下などを起こします。

それを取り戻さず、運動・スポーツに復帰した場合は、再度受傷することがあります。

しっかり治さないと繰り返し怪我を引き起こす原因にもなります。

では、どうしたらよいのか?

それは、怪我の後にしっかりリハビリをしてから復帰していくことです。

怪我が治った後は

①受傷部位の軽いストレッチ

②受傷周囲の関節運動で可動を広げていく

③チューブなどで軽めの筋トレをしていく

④自体重での筋トレ

⑤軽い負荷での筋トレ

⑥負荷を高めた筋トレ

⑦軽いジョグ、軽めの運動

⑦走るなどをして、少しずつ練習に参加していく

以上の流れで、復帰していくことで再発を防いでいきます。

怪我の後は、復帰するまで時間がかかるので、焦らず復帰していくことをおすすめします。

当院では、怪我の後のリハビリ(ストレッチ、関節可動域、自体重筋トレ、チューブ)を指導して、

怪我の予防・改善に努めていきます。

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です