夏の睡眠

 

こんにちは!

今回はリロが書かせていただきます。

梅雨が明けて、本格的な夏が始まり

十分な睡眠は取れていますか?

日中に受けたダメージは睡眠中に修復されますが、

日が暮れても気温や湿度が高い夏は寝苦しい夜になり、

睡眠不足にもなりがちです。

そのため、睡眠不足からくるイライラ集中力の低下などを起こしやすくなります。

夏に快眠できる寝室環境は、室温が26~28℃湿度が50~60%と言われています。

クーラーや扇風機の風が直接身体に当たらないように、

壁や天井に向けるように設置することで、部屋の空気が循環します。

身体を冷やし過ぎて体調を崩さないように

快適な寝室で夏を乗り越えていきましょう!

 

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です