ランナー膝

こんにちは さくらのつよぽんです。

2週連続で台風が続く影響か気温の寒暖差が大きく

体調を崩しやすいので服装や休養、睡眠、食事など体調管理をしっかりしていきましょう。

 

この季節になるとマラソン・ランニングなどを始めるかたが多いと思いますが

その際に1番多い怪我としてあげられるのがランナー膝です。

 

今日はランナー膝についてお話します。

ランナー膝(ランナーズニー・腸脛靭帯炎)とは……

 

ランニングの際に、膝の外側が痛くなる症状のことです。

マラソンランナーなど多く発症します。

太ももの外側にある腸脛靭帯が

膝の外側(大腿骨外側上課)と擦れることで、炎症を起こしてしまう症状です。

ランナー膝は、基本的には、膝の過使用(走り過ぎ)が原因で起こると言われています。

実はランニング障害の20%を占ると言われ、1番多い怪我です。

 

症状

・走っていると、太ももの外側やおしりの違和感が出てくる

・徐々に膝外側の痛みに変わる

・ある一定の距離を走ると痛みがでるなどがあげられます。

 

ランナー膝の原因は?

原因

・急激な走行距離の増加(練習メニューの増加)
・下肢アライメント異常(0脚、足部の回内など)
・ウォーミングアップ不足
・筋肉の柔軟性の低下
・足に合わないランニングシューズを使用しているなど。

対処法

練習の制限(ランニング量を減らす)

ランニング後にアイシングをする

当院の治療では超音波治療器を積極的に使っていきます。

筋膜・腱・靭帯などの傷の修復にはオススメです。

また、下肢アライメントの調整・股関節の機能改善をしていくためには、

当院で行っている「骨盤矯正」をお勧めします。

 

Continue Reading

幸せホルモン

こんにちは。

雨が続き、気温もぐっと下がりだんだん冬が近づいてきましたね。

春と秋がもっと長ければな~なんて思うリロです(´・ω・)

 

今回はセロトニン(幸せホルモン)についてお話しさせていただきます。

セロトニン(幸せホルモン)とは

心のバランスを整える作用のある伝達物質です。

 

セロトニンが不足すると

暴力的になったり、うつ病を発症することもあると言われています。

セロトニンを増やす方法としては、

①早寝早起きをする

②太陽の光を浴びる

③軽いリズム運動をする

④人とスキンシップをする

⑤トリプトファンを含んだ食品を食べる

トリプトファンを含む食品は、肉類、魚介類、チーズ、ごま、納豆、麺類、ごはん、パンなど。

 

 

朝早く起きて30分ウォーキングするだけでも、①②③が同時にできていいですね。

これからどんどん寒くなってきて、外に出るのが億劫になるかと思いますが

少しの買い物でも外に出て、人と触れ合ってセロトニンを沢山分泌していきましょう😊

 

 

 

Continue Reading

ゴールデンライン

こんにちは。ラッパです。

正しい姿勢を維持するには、いくつかの目安となる場所があります。

それは、「耳」・「肩甲骨」・「骨盤」・「くるぶし」です。そこが一直線にキレイにまっすぐになっていれば、ただしい姿勢です。その目安となる直線をゴールデンラインと呼びます。この姿勢が維持されていれば、

 

頭痛・肩こりの軽減、バストアップ、猫背・腰痛の改善、ウエストのくびれやヒップアップ。

膝痛の改善、血流・リンパの流れ・膝痛・むくみの改善、身体バランスを取る。などの効果が見込まれます。

 

 

ゴールデンラインを維持するには、姿勢矯正治療(猫背矯正・骨盤矯正・O脚矯正)がオススメです。

 

Continue Reading

腸腰筋

こんにちは。今回の担当は、THになります。

急激に気温が低下してきました。こういう時に、体調が崩れやすいので、

気候に合わせた服装や休養、睡眠、食事など体調管理をしっかりしていきましょう。

また、手洗い、うがい、マスク着用などすることで風邪の予防につながります。

さて今回は「腸腰筋」について話をしていきます。

腸腰筋とは? 大腰筋と腸骨筋を合わせて、腸腰筋と言います。

この筋肉は、腰椎と骨盤全面から大腿骨にかけて付いている筋肉になります。

役目としては、股関節を持ち上げる(股関節を曲げる、屈曲)、股関節を内側に捻る

(内)旋)する作用があります。

◇この筋肉が衰えると?

・姿勢不良(猫背)

・姿勢の維持ができない

・歩行がしずらい(つまずく、転ぶなど)

・階段の昇降ができない

・膝・股関節の機能低下

・骨盤の傾斜が悪くなる(後傾)

・腰痛、膝痛、股関節痛

などがあらわれます。

◇腸腰筋を衰えないようにしていくには?

・階段の昇降を行う

・ウォーキング

・筋トレ(大腿を持ち上げる筋トレ)

・ストレッチ(大腿前面のストレッチ)

などを行うようにしていくことが大事になります。

以前、某番組で調査したところ、日本人選手は外国人選手に比べて、腸腰筋が弱い(細い)と言うデータが出ていました。運動選手が弱いのだから、一般の方は、もっと弱い可能性がありました。

腸腰筋が衰えないようにして言う為には、運動を日常生活に取り入れることが大事になります。

機能改善をしてくためには、当院で行っている「骨盤矯正」をお勧めします。

 

Continue Reading

あい鍼灸整骨院

こんにちは。しまたけです!爆  笑

先週末は気温が急に下がったのに、

ここ2~3日は上がりっぱなしですねガーン

そして今日はとても寒い。。。ガーン

季節の変わり目は体調管理に気をつけましょう!(≧∇≦)

話しが変わりまして、昨日の10月11日。

私たち、さくらメディカルグループの13店舗目となる

「あい鍼灸整骨院」がオープンいたしました!

場所は仙台の宮城野区、イオン仙台幸町店2Fです(*^▽^*)

オープン記念として、

10月8~10日は体験キャンペーンをしてまいりました!

猫背矯正や骨盤矯正など、たくさんの方に治療を受けていただきました。

皆さんの喜んでいる顔がとても嬉しかったです(≧∇≦)

 

これからもさくらメディカル全体で地域の皆さんの笑顔を作っていけると嬉しいですね(≧∇≦)

Continue Reading

自律神経の乱れ

おはようございます!ねぎです!

 

今の時期は気温が安定せず、日中と朝晩の寒暖差が激しいことがよくあります。

自律神経は汗をかくなどで体温調節をしてくれるので気温差が大きいと自律神経を乱す原因につながります。

 

自律神経には交感神経と副交感神経があります。

交感神経・・心身を活発状態にする神経

副交感神経・・心身を落ち着かせる神経

 

副交感神経がしっかりかつどうしていないと、神経がリラックスすることができず、心身の疲れが溜まってしまします。

ストレス状態が続くと交感神経が活発のままになり、バランスが取れなくなり自律神経の乱れを起こします。

 

自律神経の乱れで起こる症状

頭痛・腹痛や胃の不調・不眠・疲労感・気分が上がらない

 

 

リラックスする時間を増やしてストレスを溜めないように規則正しい生活を心がけましょう。

 

 

Continue Reading