腸腰筋

こんにちは。今回の担当は、THになります。

急激に気温が低下してきました。こういう時に、体調が崩れやすいので、

気候に合わせた服装や休養、睡眠、食事など体調管理をしっかりしていきましょう。

また、手洗い、うがい、マスク着用などすることで風邪の予防につながります。

さて今回は「腸腰筋」について話をしていきます。

腸腰筋とは? 大腰筋と腸骨筋を合わせて、腸腰筋と言います。

この筋肉は、腰椎と骨盤全面から大腿骨にかけて付いている筋肉になります。

役目としては、股関節を持ち上げる(股関節を曲げる、屈曲)、股関節を内側に捻る

(内)旋)する作用があります。

◇この筋肉が衰えると?

・姿勢不良(猫背)

・姿勢の維持ができない

・歩行がしずらい(つまずく、転ぶなど)

・階段の昇降ができない

・膝・股関節の機能低下

・骨盤の傾斜が悪くなる(後傾)

・腰痛、膝痛、股関節痛

などがあらわれます。

◇腸腰筋を衰えないようにしていくには?

・階段の昇降を行う

・ウォーキング

・筋トレ(大腿を持ち上げる筋トレ)

・ストレッチ(大腿前面のストレッチ)

などを行うようにしていくことが大事になります。

以前、某番組で調査したところ、日本人選手は外国人選手に比べて、腸腰筋が弱い(細い)と言うデータが出ていました。運動選手が弱いのだから、一般の方は、もっと弱い可能性がありました。

腸腰筋が衰えないようにして言う為には、運動を日常生活に取り入れることが大事になります。

機能改善をしてくためには、当院で行っている「骨盤矯正」をお勧めします。

 

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です