ランナー膝

こんにちは さくらのつよぽんです。

2週連続で台風が続く影響か気温の寒暖差が大きく

体調を崩しやすいので服装や休養、睡眠、食事など体調管理をしっかりしていきましょう。

 

この季節になるとマラソン・ランニングなどを始めるかたが多いと思いますが

その際に1番多い怪我としてあげられるのがランナー膝です。

 

今日はランナー膝についてお話します。

ランナー膝(ランナーズニー・腸脛靭帯炎)とは……

 

ランニングの際に、膝の外側が痛くなる症状のことです。

マラソンランナーなど多く発症します。

太ももの外側にある腸脛靭帯が

膝の外側(大腿骨外側上課)と擦れることで、炎症を起こしてしまう症状です。

ランナー膝は、基本的には、膝の過使用(走り過ぎ)が原因で起こると言われています。

実はランニング障害の20%を占ると言われ、1番多い怪我です。

 

症状

・走っていると、太ももの外側やおしりの違和感が出てくる

・徐々に膝外側の痛みに変わる

・ある一定の距離を走ると痛みがでるなどがあげられます。

 

ランナー膝の原因は?

原因

・急激な走行距離の増加(練習メニューの増加)
・下肢アライメント異常(0脚、足部の回内など)
・ウォーミングアップ不足
・筋肉の柔軟性の低下
・足に合わないランニングシューズを使用しているなど。

対処法

練習の制限(ランニング量を減らす)

ランニング後にアイシングをする

当院の治療では超音波治療器を積極的に使っていきます。

筋膜・腱・靭帯などの傷の修復にはオススメです。

また、下肢アライメントの調整・股関節の機能改善をしていくためには、

当院で行っている「骨盤矯正」をお勧めします。

 

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です