風邪予防の飲み物

おはようございます☀

さくらの広ちゃんです☺︎

インフルエンザ大流行中ですね〜💦💦

我が家の長男の小学校も、次男の保育園もお休みの子がたくさんで心配です😢

この時期をなんとか乗り切りたいですね〜〜!

今日はそんな時期にいい飲み物を紹介します☕︎

かぼちゃのポタージュ🎃(2人ぶん)

かぼちゃ5センチ角を二個(100g)

玉ねぎ1/2

豆乳200CC

水200CC

コンソメ1g

バター10g

塩胡椒適量

乾燥パセリ適量

作り方

かぼちゃは乱切り、玉ねぎはクシ型に切ります

鍋にバターを入れ、野菜を炒めます

水を入れて沸騰させ、コンソメを加えて柔らかくなるまで煮ます。

野菜が煮えたら、ミキサーで撹拌します

鍋に戻し豆乳を加えて煮ます

塩胡椒を加えて、最後に乾燥パセリをちらして出来上がりです‼️

ビタミンもとれ、温まります爆笑

みなさんぜひ一度お試しくださいーードキドキ

ではでは、また(^^)/~~~

Continue Reading

呼吸と姿勢

今回の担当は、THになります。

寒さが厳しくなりました。この時期は、乾燥がきつくなり、肌荒れ、のど痛みなどを引き起こすことが多くあります。改善には、こまめに水分補給することや部屋の加湿器の設置などが大事になります。また、肌荒れには、クリームなどの保湿も大事になります。是非、実践していきましょう。

 

さて、今回は「呼吸と姿勢」についてお話しします。

 

姿勢不良な状態でいると、呼吸が上手にできていないことがあります。

 

実際に深呼吸をしてみると、左右に差がでます。大半の方は、左肋骨が膨らまず、右肋骨の方が膨らみます。実際に、自身の手で肋骨を押さえて深呼吸してみると体感できます。

 

※呼吸にまつわる肺は、非対称性になっているため機能に差がでます。

右肺は3区分、左肺は2区分に分かれているため、機能に左右に差がでます。

 

呼吸は、24時間絶え間なく行われていますが、上手に呼吸が出来ない場合は、

以下のような差がでてきます。

 

通常の人は、1分に約10回呼吸していきます。1時間に換算すると600回

24時間に換算すると14400回になります。

上手く出来ない人は、1分間に約15回呼吸したとして、1時間に換算すると

900回、24時間に換算すると21600回になります。

通常の人と上手くできない人の差が、かなりの回数で現れます。

 

上手に呼吸していくためには、以下のことが重要になります。

・姿勢を維持するためのインナーマッスルの強化

・呼吸療法(腹式呼吸、横隔膜を動かす、風船トレーニング)

などが改善していくために重要になります。

 

当院では、インナーマッスルを強化するために、コアトレーニングに適した

最新機器を導入しています。また、腹式呼吸などのトレーニング指導なども行っており

ます。姿勢改善をすることで、呼吸の改善にもつながっていきますので、是非ご相談下

さい。また、現時点で、疲れやすい、眠れない、肩背中が張りやすい、肋骨周囲が重苦

しいなどの症状がある方は、注意が必要です。

Continue Reading

内反小趾

こんにちは!

さくらのつよぽんです。

朝も氷点下の冷え込みで寒く、

インフルエンザも流行してますので、

体調を維持するためにも、食事・運動・睡眠をとりましょう。

今回は内反小趾についてお話しします。

内反小趾とは、テイラーズバニオン、バニオネットとも呼ばれ、

足の小指の付け根にある第5中足骨が肥大する疾患です。

小指にある中足骨の頭(つま先側の先端)で肥大の起こるのが

内反小趾の特徴であります。

原因

内反小趾ができる原因は遺伝による構造の異常が多いそうです。

踵周りの骨格が崩れると、土踏まずが低くなり、骨格全体が潰れ、

足の甲から先が広がっていくような現象が起こります。

この状態を開帳足といいます。

第5中足骨が外側に向き、その上の小指は内側に動く。

これによって足の外側に突起ができ、靴があたると痛むようになる。

いずれの原因においても、内反小趾は幅の狭い靴を履くことで

摩擦と圧が続いて刺激される。

つま先部分がきつい靴をはくと、変形は更に悪化します。

衝撃により、首・背中・腰に外力が加わり、

その関節が持つ運動範囲以上の動きを強制されることで、

筋肉や靭帯、関節包などを傷つけた状態です。

 症状

・小指の付け根に痛み・腫脹・発赤がある。
・靴を履くと痛みがある。
・小指の付け根の側面や底面にタコができる。

治療

靴の調整:幅の広い靴に変える

内服薬・注射・アイシング

当院では手技療法で筋肉の緊張を除いていき、

指でとどかない筋肉・筋膜・腱・靭帯などの傷の修復には

超音波治療器などを積極的に使い、アプローチしていきます。

Continue Reading

乾燥

みなさんこんにちは。しまたけです。

昨日は雪!すごかったですね。

僕のうちの前にも相当雪が溜まってました、、、。

みなさん転倒にだけはご注意を!!

さて、この季節になるととても気になるのが「乾燥」ですよね。

僕はこの時期乾燥が原因で、すごく静電気に困っています。

静電気というのは、やはり冬に起こりやすいんです。

それにプラスして、気温と湿度ですね!

気温は20度以下、湿度35%を下回ると静電気がバチバチするのです^^

対策としては、寝る前に濡れたタオルを干す、

乾燥肌の人はハンドクリームなどを活用しましょう!

Continue Reading

呼吸と姿勢

明けましておめでとうございます。グラッパーです。

新しい年になり何か始めたいなあと思っている人もいるかと思います。

そこで、おすすめは呼吸と姿勢の改善です。

さまざまな症状の原因に呼吸と姿勢の不良が隠れている事が非常に多いのです。

たとえば左右で呼吸が上手く出来ていない人は身体を右中心に呼吸しているため左側の呼吸機能が使えていない方がいます。その結果、歩行や姿勢にも左右差が出てきて日常生活や運動の場面でも左右のバランスが悪くなっています。

呼吸の改善方法にはまずは腹式呼吸をしましょう。姿勢の改善には当院の姿勢改善プログラムを体験してみてはいかかでしょうか

 

Continue Reading

代謝

おはようございます。

今年も沢山のパワーをみなさんにお届けしたいと思っていますリロです。

今回は基礎代謝についてです。

基礎代謝とは、人間が生きていくのに最低限必要な基本エネルギーのことを言います。

私たちは、消費カロリーと摂取カロリーのバランスで太ったり痩せたりしますが、消費カロリーは、運動や生活上の動作だけで生まれるものではありません。

歩いたり走ったり、読書をしているだけでもエネルギー(カロリー)は消費しますが、呼吸や内臓の働き、体温維持と言った人間の基本的な生命活動にもエネルギーが必要となるのです。

1日の消費カロリーの内、この呼吸や内臓の働きと言った本人が意識しなくても使われるエネルギーのことを基礎代謝と言うのです。

例え1日中寝て過ごしたとしても、基礎代謝に必要なカロリーは消費されているのです。

 

その基礎代謝を上げるには??

体温を上げる

体温が一度上がると10%~12%基礎代謝量が増えます。

元々平均的な体温(36度台)の場合は、それ以上あげるのは難しいですが、低体温(35度台)の方は上がる余地はありますので、食生活や生活習慣を見直してみましょう。

・栄養バランスのよい食事を取る/旬のものを食べる/朝ごはんを食べる

・間食しすぎない

・無茶なダイエットをやめる

・冷暖房はほどほどに

・筋肉を付ける

・お風呂で温まる

代謝を上げる飲み物、食べ物

コーヒー

緑茶

ウーロン茶

唐辛子、生姜、にんにく、ねぎ、などの香味野菜

たんぱく質、ビタミンB群が豊富な豚肉や豆類

 

日常生活のなかで基礎代謝を上げるヒントは沢山隠れています。

基礎代謝を上げて今年も元気一杯に乗り切りましょう😊

Continue Reading

あけましておめでとうございます!

 

こんばんは!ねぎです!

 

遅くなりましたが、、

 

あけましておめでとうございます!

今年もみなさまが健康に過ごせますよう

サポートしていきたいと思っております(^_^)

 

今回は合谷(ごうこく)をご紹介します!

合谷とは手のツボです。

親指と人差し指の骨が合流するところから、少し人差し指よりにあります。

{1D72C60C-341C-4949-9620-8B0A5B9C0674}

このような感じで音符

{20E837AE-F7FB-48C4-9275-A55098B00050}

 

効果

頭痛、目の疲れ、肩こり、歯痛、便秘など

 

ツボを押すときは深呼吸をしながら息を吐くときに押すイメージで行うと効果的です。

 

大きく鼻から息を吸って、口から長く息を吐きながらグーっと押す。息を吐いているときは体の力を抜くような感じでやってみてください☻

 

自分で押せるツボがたくさんあるので、空いた時間にセルフケアをしてみましょう!

Continue Reading