むくみ

こんにちは さくらのつよぽんです。

季節の変わり目で気温の寒暖差などがありますので

体調管理には気をつけてください。

今日はむくみについてお話します。

座り仕事や立ち仕事中心の人に多い足のむくみ。

むくみがそのまま疲労感につながる人も少なくないです。

平成22年に厚生労働省が行った国民生活基礎調査では、

「足のむくみ・だるさ」に悩みを感じている人は全体で29%、

女性にいたっては42%いることが明らかになりました。

むくみの原因は、体格や生活習慣など人それぞれです。

むくみが起こる仕組み

むくみとは、細胞と細胞の間に水分が過剰に溜まることによって生じる症状です。

<注意が必要なむくみ>

こんな人、こんな生活習慣がむくみを招く

健康な人の場合、足のむくみの主な原因は血流の悪さにあります。

通常、心臓から動脈を通って足に送られた血液は静脈を通って心臓に戻りますが、

心臓の力が弱いと、足の筋肉や組織による静脈血を心臓方向へ押し上げる

「筋ポンプ作用」が働かないために、静脈血が溜まってむくみが起こります。

女性にむくみの悩みが多いのは、筋肉量が少ないほかに、

女性ホルモンのバランスの影響によって水分を体内に溜めこみやすいためです。

冷えによる血行不良、低血圧もむくみに関係します。

むくみを招く生活習慣

  • 立ち仕事、座り仕事

  • 塩分の摂りすぎ生活

  • 日常生活習慣

足のむくみ対策と解消法(一時的なむくみの場合)

・休憩時間に足を高くする

休憩中に足を水平より高くするだけでも血流の改善に効果的です。

・窮屈な下着や靴を避ける

・水分補給は適度に行う

・入浴はぬるめのお湯で

熱いお湯では血管が収縮してしまうため、

38~40度のぬるめのお湯につかりましょう。

入浴後はマッサージ、ストレッチをして血流を良くしましょう。

・下半身を鍛える

静脈血を心臓へ押し上げる「筋ポンプ作用」の働きを高めるために、

下半身、特にふくらはぎの筋肉を鍛えましょう。

それにはよく歩くことや、スクワット運動がおすすめです。

 

当院では、機械でインナーマッスルを鍛えることが出来る

別名「幹トレ」があります。

幹トレをやることで基礎代謝などが上がり血流などが良くなり

むくみの改善・予防につながります。

<こんな症状の方にオススメ>

  • 30分歩けるが、30分立っていられない

  • 座りっぱなしが辛い

  • 疲れやすい

  • 体の表面の筋肉が硬い(特にふくらはぎ)

  • 脚が上がらない、よくつまづく

  • 猫背

  • 腰が痛い、肩が凝っている

  • 治療後に痛みがすぐ戻る

  • 基礎代謝が低い(体温が低い、35度台)

  • メタボ(内臓脂肪が多い)

  • 血圧高い

  • 中性脂肪、コレステロールが高い

また、何かございましたら
いつでもお待ちしていますのでご来院下さい。

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です