熱中症

今回の担当は、THになります。

梅雨の時期に入りました。この季節は、気温の温度差や気圧などの変動が著しく体調を崩しやくなります。

生活リズムや食事、睡眠、休養、運動などに気をつけながら生活していきましょう。

 

さて、今回は「熱中症」についてお知らせします。

 

熱中症とは、高温環境による体内水分の喪失、電解質のバランスの崩れ、体調不良によって引き起こされます。梅雨時期や梅雨明けに多くみられ、重度の症状になると命の危険を伴います。

 

<熱中症の症状>

 

・Ⅰ度(軽度)→大量の汗によって血液の量が減少するため、脳への血流が不十分になり、めまいや立ちくらみを起こします。症状として大量の発汗、立ちくらみに加え、顔面蒼白、呼吸回数の増加、唇のしびれ、筋肉痛、こむら返りなどが見られます。この段階では、応急処置で対応できる軽傷です。

 

 

Ⅱ度(中度)→ズキンズキンとする激しい頭痛、吐き気、嘔吐、体のだるさ、体に力が入らないといった自覚症状があらわれてきます。こうした症状が見られた場合には、すぐに病院で治療を受けるようにしましょう。

 

 

・Ⅲ度(重度)→急激な体温上昇によって、体温が41℃を超えることもあります。呼びかけ刺激への反応がおかしい、意識がないといった意識障害や体がガクガクとひきつけやけいれんを起こします。また、まっすぐ歩けないといった運動障害がみられます。この場合は、救命のため緊急入院する必要があります。

 

※軽度の症状の場合は、涼しい場所への移動(日陰、クーラーの室内)や水分補給をすることが大切ですが、意識障害、けいれん、運動障害が見られる場合はすぐに病院へ搬送することが大事です。重度になると亡くなるケースもあります。

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です