疲労と体幹力

 暑い日が続きますが、皆様いかがお過ごしですか?

 夏バテして疲れてませんか?

 本日は疲労と体幹(インナー)についてお話しします。体幹(インナー)が弱いと表面の筋肉(アウター)が無理やり働かされ、硬くなります。表面の筋肉(アウター)が硬くなると、疲れやすくなります。表面の筋肉は動かす筋肉であり持久力がない筋肉だからです。

つまり、インナーが強ければアウターにかかる負担は減ります。そして、疲れにくくなります。

 思い当たる人は、==>強い体幹の力が必要と思われます。

そこでお勧めなのが、コアトレーニングです。なかなか独りで鍛えることが出来ない深層の筋肉を特殊な電気刺激で鍛え上げていきます。ぜひ、体幹を鍛えて生まれ変わりましょう。

Continue Reading

中脘

こんばんは!ねぎです!

今回は中脘(ちゅうかん)を紹介します

中脘はお腹にあるツボです!

みぞおちとおへそを結んだ線の真ん中にあります。

《効果》

食欲不振

吐き気

消化不良

胃痛

早くも夏バテ気味の方は試してみてください(^O^)

Continue Reading

脳血管障害とリハビリについて

今回の担当は、THになります。

 

梅雨が明け、暑さが増してきました。この時期は、熱中症の発症率が高く、救急車の発動が多くなります。熱中症の予防のためにも、水分補給、塩飴、タブレットなどをしっかり補給することが大事になります。また、体調管理(食事、睡眠など)を重要になります。

 

さて、今回は、「脳血管障害とリハビリ」についてお知らせします。

日本では、介護が必要な疾患の第1位は、「脳血管障害」になります。

しかし、死亡率は4位と下がっています。近年の医療の進歩で、命は助かっても後遺症に悩まされる患者さんは、増加しています

 

脳血管障害の特徴である「片麻痺」では、手足の筋肉の痙縮、関節の硬縮が症状によって、日常生活動作はできなくなり介護が必要な状態になってきます。そこで、必要なのは、定期的な「リハビリ」になってきます。

我々ができることは、定期的な治療で、「症状の改善」、「ADLの向上」、「疼痛軽減」を目的において行っています。

 

特に、脳血管障害の回復については、「促通反復療法」を用いて治療に取り組んでいます。この方法で、我々の診ている患者さんの症状が回復していることを実感しています。

 

今後、この病気の発症は増えていき、介護を受ける方も多くなっていきます。病院にいられる時間も決まっているので、自宅に戻ってからの時間が大事です。回復には長期のリハビリがカギとなるので、地道な治療が大切になってきます。

Continue Reading

夏の冷えとお灸

おはようございます😃

さくらのHです🌸

6月に梅雨明けして、びっくり‼されてる方も多いと思います。我が家も慌てて、夏自宅💦

最近は季節の移り変わりが年々早い様な気がしてる私です^^;

夏といえば、冷房や冷たい飲み物が欠かせないと思います。しかし、冷えは万病の元‼

冷えると身体全体の血行が悪くなり、身体のあちこちの機能が低下してきます。

これは女性の体にももちろん影響があり、子宮や卵巣にもいえること。

夏は体を冷やすことが目白押し💦

そんなとき、お灸はいかがですか?

お灸は身体全体を温めてくれて、自律神経の働きも調整してくれますウインク

特に下半身の冷えには足の内くるぶしの上の三陰交にはりましょう!

温めてあげるだけで、下半身からじんわり気持ちいい温かさが身体全体に広がります音譜

みなさまも夏の冷えにはぜひ一度お灸をお試し下さい‼爆笑

Continue Reading