寒い日は鍋!!

こんにちは、かっつんです!

 

まだまだ寒い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?

寒い日の夜にはやっぱり鍋!!中にはキムチ鍋などの辛いものが良いという方も多いのでは!?

辛いもの好きの方ってわりといますよね、きっと

なぜあんなにもハマっているのか…

ご存知だったでしょうか?

実は辛さは味覚ではなく「痛覚」だという事を。

そして辛いものを大量に摂取して辛さ(痛み)を感じると、体は

鎮痛物質であるエンドルフィンなどを大量に分泌します。

これらには疑似的な幸福感を感じる作用があり、これによって辛さを求めることがクセになっている可能性があります。

ちなみにこの一連のはたらきは、鍼治療におけるわざと体に小さな傷を作り痛みのコントロールする、ゲートコントロールにも精通しています。

驚きですね!

冬に出た痛みは冬のうちに当院で治療を!鍼以外の治療方法も有ります。

 

 

ただ、食べ過ぎに関してはご自身で注意しましょう(-_-;)

 

 

ちなみに自分は甘党です。

この文章は国家資格所有者が監修しています。

柔道整復師 曽我

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です