股関節痛

股関節の痛みは女性に比較的多く、最初、体重や運動量の増加により発現します。

初期では、運動・歩行時に股関節をはじめとする下肢の疲労感で始まり、徐々に股関節を中心とする痛みが出現します。

痛みの特徴は動き始めに痛く、少し動くと痛みが軽くなります。

原因としては、殿筋の出力低下・骨盤の傾斜のインバランス・体幹や臀部の深層筋の筋力低下・筋緊張が考えられます。

増悪する前に、下肢の筋力のバランス・強化、骨盤の傾斜・体幹の深層筋の強化をすべきです。

ただし先天性の股関節形成不全の既往がある方は下肢に無理な荷重がかからない様に運動しましょう。

当院では、股関節の症状がある方には、骨盤矯正をお勧めしています。

この文章は柔道整復師 曽我が監修しています。

 

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です