自己紹介

皆さん、初めまして。
今年の4月1日からさくら鍼灸整骨院に勤めることになりました。
アラチュウこと新井恵輔です。

平成7年11月生まれのさそり座の男です。
出身は藤沢市の湘南台で好物はカレーと煮物です。

趣味でボーイスカウトに在籍しており、現在もスカウトと後輩の指導を兼任しながら活動をしています。

野外料理やキャンプが大好きで計画を立てては仲間と休日に活動しています。
学生時代は剣道をやっていました。

治療家を目指したきっかけは身近な家族が腰痛や膝の痛みに苦しんでいたり、部活動の仲間が怪我をしている姿をみて自分にも何か出来る事は無いかと思った時に、言われた父からの助言でした。

それから専門学校に進学し、国家試験を取りました。
患者様に真摯に寄り添い痛みや苦痛を少しでも和らげることのできる治療家を目指し日々勉強させていただいています。

治療家としてはまだまだ半人前ですが、新しい環境で頼りになる先輩先生方と一緒に頑張ってん行きたいと思いますので、応援よろしくお願い致します。

 

この文章は国家資格保持者が監修しています。

柔道整復師 曽我 将一

Continue Reading

口呼吸

こんにちは、さくらのつよぽんです。

4月に入り、平成~令和に変わるまで一週間を切りました。

少しずつですが気温も上がり

すごしやすくなったのではないでしょうか。

ですが、朝晩少し冷え込みがあったりして、

日中との寒暖差が大きいので体調管理には気をつけてください。

今回は口呼吸についてお話しします。

口呼吸は悪い呼吸の1つとしてあげられます。

なぜ悪いかというと

呼吸が鼻を通らないと濾過作用が使われません。

口からの呼吸だと細菌などが体内に入りやすいので

風邪や病気になりやすく、免疫低下を招きます。

また、横隔膜を動かさなくても呼吸が出来るようになり

内臓が動かなくなり、交感神経優位も解消しなくなります。

当院では

腹式呼吸・横隔膜をしっかり動かせるように

機械で寝ているだけでインナーマッスルを鍛えることができる

別名「コアトレ」をお勧めしています

この機械の特徴は、50万Hzの出力があり、体幹の深部筋肉まで電気刺激が入ってきます。

運動が苦手の方や中々自分で運動ができないご高齢の方におすすめです。

この文章は国家資格保持者が監修しています。

柔道整復師 曽我 将一

Continue Reading

外反母趾

今日は外反母趾についてです。

昔の日本人は草履・下駄を履いていることが多く、建物のの中で履物を脱ぐ習慣があったために、外反母趾が少なかったようです。

日常生活で誰もが靴を履くようになってから外反母趾が増えてきたと言われています。

とくに女性では、つま先の細いハイヒールの常用が発症の原因として大きいようです。

また以前に比べて歩く機会が格段に減ったことによる下肢の機能低下がその背景にあると考えられています。同様に前足部の機能が低下し、足趾を開けない小児が増えています。

また、歩き方や足底の荷重については骨盤のインバランスが影響している可能性があり、そのような方には骨盤の矯正メニューをお勧めします。

この文章は、柔道整復師の曽我が監修しています。

 

 

 

Continue Reading

おなかのはなし

こんにちは。

皆さんは『便秘』に悩まされていませんか?

 

女性の患者さんとの会話の中で

ちょこちょこ話に出てきます、

お腹の張り、最近出ていない、

逆に下してしまう、、、

イライラしてしまう

なんだか気分が良くない、、、

お腹の調子が悪いと

身体にも心にも影響されてしまいます。

 

今までいろんな食べ物を試してみたけど

なんだかイマイチ。

薬にはあまり頼りたくない。

 

 

そんな方に朗報です!

『腸の位置』を正しい位置に戻してあげるだけで

お腹の調子も良くなることが分かりました!

わたし、実験中です。

お腹のマッサージ、オススメですよ。

他にも方法色々ありますよ。

イライラおさらばしましょ。

この文章は柔道整復師 曽我が監修しています。

Continue Reading

脳血管障害

皆さん知っていますか?

日本では、介護が必要な疾患の第1位は、「脳血管障害」になります。

しかし死亡率は4位と下がっています。

近年の医療の進歩で、命は助かっても後遺症に悩まされる患者さんは、増加しています

脳血管障害の特徴である「片麻痺」では、手足の筋肉の痙縮、関節の硬縮が症状によって、日常生活動作はできなくなり介護が必要な状態になってきます。

そこで、必要なのは、定期的な「リハビリ」になってきます。

 

当院では、脳血管障害での「手足の麻痺」の患者さんに対して、最新のリハビリの治療方法を実施しています。

促通反復療法」「頭皮鍼」を組み合わせた治療を行っていきます。

 

 

鍼の刺激によって脳に刺激を与え麻痺している手足に反応をさせていきます。さらに、運動療法にとって麻痺している関節に対して繰り返し動かすこと(促通)で、末梢から脳に刺激を与えて麻痺の改善をさせる方法です。

この組み合わせ治療の最大のメリットは、鍼治療をしたまま、運動療法が出来ることです。この治療をすることによって、早期に麻痺の回復を図っていきます。

 

この文章は柔道整復師 曽我が監修しています。

Continue Reading