外反母趾

今日は外反母趾についてです。

昔の日本人は草履・下駄を履いていることが多く、建物のの中で履物を脱ぐ習慣があったために、外反母趾が少なかったようです。

日常生活で誰もが靴を履くようになってから外反母趾が増えてきたと言われています。

とくに女性では、つま先の細いハイヒールの常用が発症の原因として大きいようです。

また以前に比べて歩く機会が格段に減ったことによる下肢の機能低下がその背景にあると考えられています。同様に前足部の機能が低下し、足趾を開けない小児が増えています。

また、歩き方や足底の荷重については骨盤のインバランスが影響している可能性があり、そのような方には骨盤の矯正メニューをお勧めします。

この文章は、柔道整復師の曽我が監修しています。

 

 

 

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です