熱中症

こんにちは

日照不足の梅雨が明けて、急に真夏の様な暑さに見舞われて

体調の方は大丈夫でしょうか?

このような気候が急に変化して暑くなった時に気を付けたいのが熱中症です。

熱中症は、体温調節、水分・塩分のアンバランスで起こると言われています。

症状は、大きく分けて以下の4つに分けられます。

 ①熱失神:血管の拡張による血圧低下 (例)めまい、失神

 ②熱疲労:大量の発汗による脱水症状 (例)脱水感、倦怠感、めまい、嘔吐

 ③熱痙攣:②の症状で水だけを摂取し、塩分を摂取しなかった時 (例)足・腕に痙攣

 ④熱射病:高温環境下での体温上昇 (例)頭痛、嘔吐、めまい

以上のような症状がみられましたら

応急処置として

 ①涼しい場所へ移動する (例)日蔭、クーラーのある室内

 ②身体を冷やす (例)氷嚢などで首の付根、脇の下、足の付根を冷やす

 ③水分と電解質の摂取 (注)意識障害や吐気のある時は、誤嚥する可能性があるため無理に飲 ませず涼しい場所で休ませる

何かおかしいな?と思ったら、まめにスポーツ飲料などを飲み、すぐに涼しい場所で休みましょう

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です