スポーツのケガ予防

こんにちは。

寒くなってきました。もうすぐ冬になりますね。

気温が低くなると、血行不良となり筋肉の温度も下がり、肉離れ等の筋挫傷や腱の炎症などのスポーツ障害が発生しやすくなります。

スポーツ障害を防ぐためには、気温が下がった時や練習前にウォーミング・アップやストレッチを必ずしましょう。

また急に、ランニングを再開した人、大会が近づいて練習量が増えた人など、せっかく始めたスポーツが、痛みや障害の発生に繋がってしまっては残念ですね。

スポーツ障害は早期発見・早期治療で自然治癒にもっていけますし、障害を起こさないことが最良の策になります。

さくら鍼灸整骨院はスポーツに頑張っているみなさんを全力で応援します。

この文章は、柔道整復師・曽我将一が監修しています。

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です