勉強会しています

こんにちは。

さくら鍼灸整骨院ではたびたび症例の勉強会を開催しています。

昨日は、足関節捻挫・肘の外側上顆炎・ドケルバン症候群・変形性膝関節症・ジャンパー膝について詳しく症例検討会を開催しました。

たとえば、

ジャンパー膝に関しては、バスケット・サッカー・短距離走などの部活をやっている中高生に多い症状で、一般的には、大腿の前の筋肉の使い過ぎが原因とされています。

しかし実は足首・股関節の柔軟性低下、股関節の筋力低下などの隠れた原因が存在するのです。

改善のためには、足首のストレッチ・中臀筋の筋力強化が必要となります。

症状改善のための各先生の活発な意見交換が行われ

とても有意義なものになりました。

スポーツ障害は隠れた原因の早期発見・早期治療を行い、

正しい身体の使い方を身に付けることが障害を残さずパフォーマンスの向上させることにつながります。

さくら鍼灸整骨院はスタッフ全員で技術・知識・人間力を向上させて

地域の皆様に貢献出来るように努力していきます。

 

この文章は、柔道整復師の山本が監修しています。

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です