勉強会しています 2

こんにちは。

さくら鍼灸整骨院での勉強会の続きをお話しします。

昨日は、足・膝・肘に続いて、股関節について詳しく症例検討会を開催しました。

股関節の疾患の原因は主に2つの原因があります。

<一次性>

・加齢・肥満・股関節への過度の負担を繰り返すスポーツ・職業

欧米に多い

<二次性>

・股関節の形状の関するものが多い

先天性股関節脱臼・臼蓋形成不全・ペルテス病・関節唇損傷

  FHI・大腿骨頭すべり症など‥‥日本人に多い (約80%)

体型の違い・ライフスタイルによって変化が起きます。

生まれつき臼蓋形成不全でも中年以降問題になることが多く、

若い時は気づかずに過ごしている人も多いです。

改善のためには、膝・足関節の柔軟性・中臀筋・体幹の強化が必要となります。

当院では

中臀筋強化などにはEMS

股関節のROMをだすには骨盤矯正

体幹強化にはコアトレがオススメです。

早期発見・早期治療を行い、

正しい身体の使い方を身に付けることで

パフォーマンスの向上させることにつながります。

さくら鍼灸整骨院はスタッフ全員で技術・知識・人間力を向上させて

地域の皆様に貢献出来るように努力していきます。

 

この文章は、柔道整復師の山本が監修しています。

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です