さくらが見頃ですね!

こんにちは

久々の登場、かっつんです!

各地で桜が見ごろを迎えていますね!

そして早いもので2020年も4分の1が終わろうとしています

4月に入ってくると増えるものがあります

そう、出会いが増えますが交通事故も増えてきます!

一年で一番多い月ではありませんが、件数はゴールデンウィーク頃まで

増加傾向になっています。

何もないことが一番ですが、

万が一交通事故に巻き込まれてしまった場合は

後遺症を残さないためのしっかりとした施術や

大変な保険会社様とのやり取りのアドバイスをさせていただきますので

安心して当院までご相談ください。

~コロナ対策について~

 

当院では、新型コロナウイルス感染防止策の実施・強化をしております。

感染症における対策を徹底しておりますので安心してご来院ください。

スタッフ全員がマスク着用・消毒液の定期使用にて診察対応を行わせていただきますので、予めご了承ください。

感染防止対策は以下になります。

・37.5度以上の発熱、咳、などの風邪症状や息切れなどの症状は、ご来院・施術を

 お控えいただいております。

・使い捨てのフェイスシートを使用

・枕、胸当ては使用後に消毒液にて拭き取り

・施術者は毎朝、検温を実施の上、体調管理を徹底

・施術者は治療に入る前後に必ず殺菌・消毒を実施(アルコール消毒)

・スタッフ全員がマスク着用・消毒液の定期使用

・1日複数回の院内換気の実施

14日以内に新型コロナウイルス感染症の流行地域から帰国した方新型コロナウイルス感染症の患者さんと濃厚な接触があった方は、必ず事前に最寄りの保健所に相談の上、指示を受けてください。

ご理解、ご協力のほど宜しくお願い致します。

この文章は柔道整復師山本が監修しています。

 

Continue Reading

免疫力アップ

こんにちは

最近は、天気が不安定だったり気温差が激しかったり、

コロナウィルスが蔓延したりと、なかなか外出したくても出来ないのが現状です。

しかし、家の中にいても体を動かさなければ血流は悪くなり、

筋力は衰えて体の節々に痛みや不調が出てしまいます。

そこで登場するのが当院で行っているコアトレです。

 体のコアとなる骨盤部にあるインナーマッスル(腸腰筋)を高周波で刺激し、

鍛えることにより

1,血流が良くなる

2,代謝が上がる

3,体温が上がる

4,免疫力が上がる

体の中心から改善して、免疫力を高め、いつ落ち着くか分からない

コロナウィルスに立ち向かいましょう。

他にも、お灸や鍼も効果的なので

ぜひ一度お試しください。

この文章は、柔道整復師の山本が監修しています。

Continue Reading

上半身のストレッチ

こんにちは。今新型コロナウイルスが流行ってきていて

小中学生や高校生が休校により

お家から出られない状態が続いております。

社会人の方も職場に行けなくて在宅ワークをする機会が増えていると思います。

なので体が硬くなっている方が多いのではないでしょうか?

体が硬くなってしまうと筋肉が張ってきてしまい

だんだんと体に痛みが出てきてしまうので

痛みを出さないようにする為に

今回はお家で出来る上半身のストレッチをお教えします!

上半身のストレッチ

・首のストレッチ

首を横に倒して左手で首をおさえる。右手で肩甲骨の辺りに手をもっていく

そして伸びて気持ち良い所で止めてください。

目安は10秒~15秒ぐらい伸ばす。

今度は首を横に倒したまま前に首を倒す。前に動かしたら

今度は後ろに首を動かす

※肩甲骨の辺りまで行けない場合は

いける所までもっていく無理をしてしまうと

逆効果になってしまって痛みが出てしまう

・肩甲骨のストレッチ

肘を曲げて指先を肩にくっつけて大きく肩を回す。

時計回りに回して10回ぐらいを目安に時計回りに回したら、今度は反時計回りに回して10回ぐらいを目安にして回す。

その後肩甲骨を上下に動かす。

※指先を肩に付けられなければ無理につけないようにする

・腰のストレッチ

横向きで寝て上の肩(右肩が上になるように横向きに寝たら右肩)を後方の方に向かって開いて肘を伸ばす下の足を90°に曲げる。

そして腰を捻るようにする。

伸びている所で10秒~15秒その場で止める※腰が痛い人は無理しない

股関節のストレッチは下のURLにあるので下のURLをご覧ください

https://www.instagram.com/p/B9tdVVVHhlM/

Continue Reading

アナトミートレイン

人間にはたくさんの筋肉があります。

身体の中の筋肉まで数えると大小あわせて600を超えるそうです。

 

1つ1つの働きは小さくても、筋肉は複雑なルールの中で連結し、互いに協力し合いながら高度な動きを可能にします。

その複雑なルールの1つに アナトミートレイン というものがあります。

 

トレインとはその名の通り列車を意味します。

1つの駅で事故が起きるとその路線内では大きな遅延、障害が起こってしまいます。

それを緩和しようと振り替え輸送等が行われるわけです。

 

このような働きが身体の中で無意識におきているのです。

筋肉や骨、靭帯が駅となるわけです。

 

例えば背中(広背筋)を痛める(事故)とします。

対側の臀筋も硬くなります(遅延)

殿筋の機能を腿の外側で補います(振替輸送)といったことが起こりうるわけです。

 

つまり事故だけにアプローチするのでは無く、遅延・振り替え輸送にアプローチする事も大切になってきます。

 

身近にこの繋がりを感じることができます。立位での前屈動作で身体が硬くて指が床につかない(事故)という方は少し足の裏をマッサージしてみてください。足の裏が緩んで遅延が改善し指と床の距離が縮まるかと思います!

 

🐢🐢🐢

この文章は柔道整復師曽我が監修しています。

Continue Reading