熱中症にご注意ください

こんにちは。

暑い日や寒い日や雨の日と天候が目まぐるしく変化しますが、皆様、いかがお過ごしでしょうか。

この週末に久しぶりで、外でスポーツやお仕事なさる方は、熱中症に気をつけましょう。

水分をとらずに運動を続けると、脱水を起こし、からだの電解質バランスが崩れて、筋肉のけいれんを起こすこともあります。時には全身のけいれんとなり、意識障害を起こします。

子供はからだの水分量が大人より多いので、十分な水分が必要です。のどの渇きを感じてからでは遅いので練習の始めから少しずつ補給しましょう。マスクをしていると喉の渇きを感じにくいので注意してください。

さくら鍼灸整骨院では、清潔で安心・安全な環境をご用意し、皆様の健康な体作りのお手伝いが出来るよう努力してまいります。

皆様の来院をお待ちしています。

この文章は柔道整復師・山本 剛史が監修しています。

Continue Reading

こんにちは!

五月から大船院に配属させていただきました、

鍼灸師のひよです。

8月11日生まれのB型です。

育ちは神奈川で、サーファーではありませんがよく江の島に遊びに行っていました。

動物が好きなのでよく万騎が原ちびっこ動物園に出没していました。(最近は行きづらくなってしまいましたが・・・)

祖母を自宅で看取った際、あん摩師の方にケアして頂いた姿が印象に残り、私もこんな風に人と関わって生きていきたいと、鍼灸の道を目指しました。

地域の皆さまやこれからご縁がある患者様の健康に携わっていけることをとても嬉しく思います。

まだまだ若輩者ではありますが、

これからどうぞよろしくお願いします。

 

この文章は柔道整復師山本が監修しています。

Continue Reading

下半身のストレッチ

こんにちは。もう6月に入って今年も残り半分になりました。

自宅待機や外出自粛の為、中々外出が出来なくて体が硬くなっているのではないでしょうか?

今回は自宅で出来る下半身のストレッチをお教えしたいと思います。

下半身のストレッチ

・もも裏のストレッチ

まずは、仰向け(頭を上向き)になります。仰向けになったらももの裏を手で押さえます。手が届かない方はタオル等を使ってタオルをもも裏に入れます。手(タオル)を胸の方に近づけます。もも裏が伸びたら伸びたところで10~15秒ぐらい止めます。伸びたら反対も同じようにやります。しっかりと伸びたらOKです!

・ふくらはぎのストレッチ

立った状態で足首を上の方向に向けます。膝を伸ばしてもらって両手で膝をおさえます。上体を少し前に倒します。ふくらはぎが伸びていればOKです!

 

下半身のストレッチをする事で、硬くなった筋肉が柔らかくなり血流が良くなったり怪我の予防等にも繋がります。上体が前に曲げやすくなったり腰痛の予防等にも繋がります。

 

この文章は柔道整復師山本が監修しています

Continue Reading