腹筋トレーニング

こんにちは。タジーです。

 

腹筋のトレーニングをご紹介します。

 

よく知られている腹筋はシットアップといい、腰まで浮かせる腹筋です。

ですが、腰まで浮かせてしまうと腰が丸まり重力で腰に負荷がかかってしまい痛めやすくなってしまいます。

 

そこで!

腰痛があっても出来る腹筋トレーニングを1つご紹介します。

トランクカールという種目です。この種目は肩甲骨の下端部までを丸める腹筋です。

腰は床についているので腰に負荷なく腹筋を鍛えることが出来ます。

Continue Reading

熱中症

今回の担当は、THになります。

梅雨の時期に入りました。この季節は、気温の温度差や気圧などの変動が著しく体調を崩しやくなります。

生活リズムや食事、睡眠、休養、運動などに気をつけながら生活していきましょう。

 

さて、今回は「熱中症」についてお知らせします。

 

熱中症とは、高温環境による体内水分の喪失、電解質のバランスの崩れ、体調不良によって引き起こされます。梅雨時期や梅雨明けに多くみられ、重度の症状になると命の危険を伴います。

 

<熱中症の症状>

 

・Ⅰ度(軽度)→大量の汗によって血液の量が減少するため、脳への血流が不十分になり、めまいや立ちくらみを起こします。症状として大量の発汗、立ちくらみに加え、顔面蒼白、呼吸回数の増加、唇のしびれ、筋肉痛、こむら返りなどが見られます。この段階では、応急処置で対応できる軽傷です。

 

 

Ⅱ度(中度)→ズキンズキンとする激しい頭痛、吐き気、嘔吐、体のだるさ、体に力が入らないといった自覚症状があらわれてきます。こうした症状が見られた場合には、すぐに病院で治療を受けるようにしましょう。

 

 

・Ⅲ度(重度)→急激な体温上昇によって、体温が41℃を超えることもあります。呼びかけ刺激への反応がおかしい、意識がないといった意識障害や体がガクガクとひきつけやけいれんを起こします。また、まっすぐ歩けないといった運動障害がみられます。この場合は、救命のため緊急入院する必要があります。

 

※軽度の症状の場合は、涼しい場所への移動(日陰、クーラーの室内)や水分補給をすることが大切ですが、意識障害、けいれん、運動障害が見られる場合はすぐに病院へ搬送することが大事です。重度になると亡くなるケースもあります。

Continue Reading

体幹トレーニング

こんにちは、GPです。

春になり、新しくスポーツを始めた人などが多いかと思います。

さて、人間の身体は骨や筋肉や筋膜によって繋がっており、力を伝えあって、

さまざまな運動をしています。

運動のパフォーマンスを上げるためには上半身と下半身をつないでいる体幹の筋肉が、特に重要となります。

下半身からの力を上半身に伝えるためには、強く安定した体幹の力が必要です。

そこでお勧めなのが、コアトレーニングです。

なかなか独りで鍛えることが出来ない体幹の深層筋肉を特殊な電気刺激で鍛え上げていきます。

ぜひ、体幹を鍛えて生まれ変わりましょう。

 

Continue Reading

むくみ

こんにちは さくらのつよぽんです。

季節の変わり目で気温の寒暖差などがありますので

体調管理には気をつけてください。

今日はむくみについてお話します。

座り仕事や立ち仕事中心の人に多い足のむくみ。

むくみがそのまま疲労感につながる人も少なくないです。

平成22年に厚生労働省が行った国民生活基礎調査では、

「足のむくみ・だるさ」に悩みを感じている人は全体で29%、

女性にいたっては42%いることが明らかになりました。

むくみの原因は、体格や生活習慣など人それぞれです。

むくみが起こる仕組み

むくみとは、細胞と細胞の間に水分が過剰に溜まることによって生じる症状です。

<注意が必要なむくみ>

こんな人、こんな生活習慣がむくみを招く

健康な人の場合、足のむくみの主な原因は血流の悪さにあります。

通常、心臓から動脈を通って足に送られた血液は静脈を通って心臓に戻りますが、

心臓の力が弱いと、足の筋肉や組織による静脈血を心臓方向へ押し上げる

「筋ポンプ作用」が働かないために、静脈血が溜まってむくみが起こります。

女性にむくみの悩みが多いのは、筋肉量が少ないほかに、

女性ホルモンのバランスの影響によって水分を体内に溜めこみやすいためです。

冷えによる血行不良、低血圧もむくみに関係します。

むくみを招く生活習慣

  • 立ち仕事、座り仕事

  • 塩分の摂りすぎ生活

  • 日常生活習慣

足のむくみ対策と解消法(一時的なむくみの場合)

・休憩時間に足を高くする

休憩中に足を水平より高くするだけでも血流の改善に効果的です。

・窮屈な下着や靴を避ける

・水分補給は適度に行う

・入浴はぬるめのお湯で

熱いお湯では血管が収縮してしまうため、

38~40度のぬるめのお湯につかりましょう。

入浴後はマッサージ、ストレッチをして血流を良くしましょう。

・下半身を鍛える

静脈血を心臓へ押し上げる「筋ポンプ作用」の働きを高めるために、

下半身、特にふくらはぎの筋肉を鍛えましょう。

それにはよく歩くことや、スクワット運動がおすすめです。

 

当院では、機械でインナーマッスルを鍛えることが出来る

別名「幹トレ」があります。

幹トレをやることで基礎代謝などが上がり血流などが良くなり

むくみの改善・予防につながります。

<こんな症状の方にオススメ>

  • 30分歩けるが、30分立っていられない

  • 座りっぱなしが辛い

  • 疲れやすい

  • 体の表面の筋肉が硬い(特にふくらはぎ)

  • 脚が上がらない、よくつまづく

  • 猫背

  • 腰が痛い、肩が凝っている

  • 治療後に痛みがすぐ戻る

  • 基礎代謝が低い(体温が低い、35度台)

  • メタボ(内臓脂肪が多い)

  • 血圧高い

  • 中性脂肪、コレステロールが高い

また、何かございましたら
いつでもお待ちしていますのでご来院下さい。

Continue Reading

手三里

こんばんは!ねぎです!

今回は手三里(てさんり)を紹介します。

手三里は腕の外側にあるツボです。

肘を曲げたときにできるシワの外側の端から手の方向に指三本分のところにあります。

 

 

 

≪効果≫

首や肩のこりに効く

胃腸の働きを整える

やる気が起きない、悩みやすいなどの精神的な症状にも◎

 

押してみると結構痛いツボなのでゆっくり押してみてください♪

Continue Reading

こんにちは!

こんにちは!こんばんは!

初めまして田嶋雄人(たじまゆうと)です。

最近、大谷翔平に似ていると言われます。

趣味は運動・スポーツをする方も観戦する方も好きです。

スポーツは陸上競技で走高跳をやっていました。

それから旅行や食べる事も好きです。

今後、沢山の人たちの役に立てる人間になりたいと思っております。

まだまだ技術面だけでなく人間としても未熟ですがよろしくお願い致します。

Continue Reading

初めまして!!

はじめまして!!

4月から新しく、さくら鍼灸整骨院に配属されました

亀田亮佑(かめだりょうすけ)です。

 

身長が187cm!でかいのは身長だけでなく志もデカいです!

地域の皆様のために頑張っていきたいと思いますので、

覚えて頂けたら嬉しいです!

専門学校時代にラグビーとバスケのトレーナーをしていたので

トレーニングや運動のことならお任せください(*^^)v

 

 

好きなことはバスケットボールで今もやってます!!

休日はドライブに出かけたり最近では勉強することが楽しく

鍼や解剖学の勉強をしています!

さくらで働けるようになってから仕事が楽しく

毎日がとても充実しています!

くどいようですが、皆様のために明るく元気に全力で頑張りますので応援よろしくお願い致します!

こんな僕に是非会いに来てください(^^♪

Continue Reading

怪我の初期治療について

おはようございます。

GWも残り1日となりましたが、

皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

 

 

今回の担当は、THになります。

この時期は、急激に暑くなり「熱中症」になりやすいので、

運動、スポーツをする時は、

水分補給を忘れずしていきましょう。

また、体調が悪い時に起こすことがあるので、

体調と相談して体を動かしていきましょう。

 

今回は、「RICEの法則」についてお話します。

怪我(捻挫、打撲、挫傷)をした時は、何をしたらよいのか?

この時に、「RICE」が必要になります。

R(レスト)→休養

I(アイシング)→冷却

C(コンプレッション)→圧迫

E(エレベーション)→挙上

※冷却は、氷やアイスパックで20分程度冷やしていきます。

 

この法則にしたがって行うことで、

患部の腫れがひどくならないようにしていきます。

怪我をした時は、腫れがひどくなるほど治りが遅くなります。

この4つの法則をすることで、

怪我の初期対応(腫れをひかす)ことをしていきます。

簡単に言いうと、患部を氷で冷やして、

患部を包帯で圧迫して心臓より少し高くして、安静していきます。

自分(セルフ)でもできるので、運動やスポーツで怪我した時は、

知っておくと良いと思います。

当院では、これに加えて特殊な電気治療や鍼治療などをして

痛みの軽減と治癒能力をあげていきます。

特殊な電気治療とは?→微弱電流、超音波治療、ハイボルト治療、

ハイボル&超音波治療などになります。

これから、スポーツ大会なども多くなるので、

怪我をした時は、早期治療が必要になります。

Continue Reading

朝の過ごし方?

おはようございます。

長い方は9連休真っ只中ではないでしょうか?

日頃の疲れを取るのも大切ですが、生活リズムにも少し目を向けていただけたらと思います。

 

 

今回は1日のリズムのうち、

朝の過ごし方についてお話しいたします。

 

朝起きてからやって頂きたいこと・・・(*´з`)

 

①カーテンを開けて太陽を浴びること

太陽光によって1日がリセットされます。

そして、毎日同じ時間に起きることにより体のリズムが整って自然に目がさめるようになります。

 

 

②コップ一杯の水を飲む

寝ている間に沢山の汗をかいているため、睡眠中も体の水分が失われます。朝は血液が固まりやすい時間でもあるため、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞のリスクが上がります。そのため予防のためにも水を飲むようにしましょう。

③朝食をしっかり食べる

脳は眠っている間も記憶の整理などをして働いています。

そこで朝食を取るときに注意していただきたいことは

脳と体のエネルギー源になる糖質(ご飯、パンなど)を食べる

体温を上げてくれるタンパク質(卵、乳製品、魚、肉など)を食べる

体の調子を整えるビタミン、ミネラル、食物繊維が多く含まれる食べ物(野菜、果物)をとる

これらに気をつけながら、起床後1時間以内に朝食を取るといいと言われています。

朝時間がない方も、

フルーツグラノーラとヨーグルト

大豆のシリアルバー

などで補って1日を過ごしましょう。

 

これからだんだんと暑い日が続いてきて体力茂落ちてくるとは思いますが

しっかり朝の時間を取って快適な一日を過ごしましょう(@^^)/~~~

Continue Reading

プラスの身体

こんにちは。GPです。

いよいよ春ですね。春から何か始めるという人も多いかもしれません。

春は身体を動かし始めるには良い季節です。

当院では、体操教室を開催しています。

大勢で運動することでお家で出来ない事もできてしまうかもしれません。

今の現代人は運動を継続することが必須だと思います。

そこで、あらためて当院の治療コンセプトついて少し説明します。

1.痛みの軽減。手技療法・鍼灸治療・ハイボルトなど。

2.姿勢の矯正。猫背・骨盤矯正。

3.筋力の強化。コアトレ・体操教室・筋トレ指導。

以上の三本柱で治療を進めていきます。

>>>みなで再発しない健康な状態=健康寿命を延ばしていきましょう。

体操教室で筋肉をつけてマイナスの身体からプラスの身体にしていきましょう。

Continue Reading
1 2 3 8