外側上顆炎(テニス肘)

こんにちは

さくらのりゅうちぇるです

テニスなどのスポーツや料理、パソコン等で手首を酷使されている方

肘が痛かったりしませんか?

雑巾を絞ったり、ドアノブを回す時に痛みが現れたら、それはテニス肘かもしれません。

では、どうしたらよいか?

まずは安静

次に、整骨院でマッサージと超音波

最後は、おうちでストレッチなどのセルフケアをしましょう。

ストレッチの例を1つ挙げます

1、腕を下に垂らし、手のひらを外側に向けます

2、手首を手のひらの方に曲げます

  これだけでもストレッチ出来ていますが、さらに伸ばしたい方は

3、中指を反対の手を使って、手のひら側に曲げます

  これで、かなりストレッチが出来ているので一度試してみて下さい

この文章は柔道整復師、曽我が監修しています。

 

 

Continue Reading

冷え始め時期にご注意を!

どうも、こんにちはあらちゅうです。

早朝ひんやりすることが多くなってきましたね。
これからの時期、一日の中での気温の差が激しくなってきます。
そうなってくると足が攣ることが多くなったり、
手足の冷えが強くなって動かしにくくなってしまう事が
多くなってくると思います。

僕も先日、窓を全開に明けた状態で寝てしまった日に
朝の4時頃にふくらはぎの攣りで飛び起きてしまいました(/ω\)

ですので、皆さんもそうならないように
日頃から下半身のストレッチやミネラルを多く
含んだ飲み物を小まめに摂取するようにしましょう。

そして、一番の予防策は適度な運動と第2の心臓と呼ばれる
ふくらはぎのトレーニングです。
筋肉は1日にしてならず!定期的なトレーニングで
今年こそは攣りや冷えの少ない生活を送りましょう!

トレーニング方法が分からない方は来院された時に
聞いてみて下さい!

今回はこのくらいで、あらちゅうでした。

この文章は柔道整復師、曽我が監修しています。

Continue Reading

スポーツの秋

 

お久しぶりです。

間が空いてしまい、ごめんなさい( ;∀;)

今週末の14・15日に

平塚夢リレーマラソンがあります。

各チームがリレー形式に24時間走り続けるとういう

何ともまあ・・・

 

楽しそうなイベントです( *´艸`)

 

私たちは走るのではなく

ランナーたちのケアをさせて頂きます!!

 

夜中まで行うので

毎年ランナーも私たちもハイテンション!

楽しくワイワイ治療させていただいております。

 

雰囲気だけでも覗きに来てくださいね~

また終わりましたらご報告させていただきます。

 

この文章は国家資格所有者が監修しています。

柔道整復師 曽我

 

 

 

 

Continue Reading

手!!!

身体のどこかに痛みや不具合のある方は多いと思います。

 

では、その痛みや不具合がどこからきているのか気になりませんか??

もちろん原因となっている事はたくさんあるのですが

原因の1つを見つける簡単な検査として

 

手の母指球を押すというものがあります

 

手順は左右の母指球を交互に押します。

 

なんとこれだけ。

 

左右で押したときどちらかに痛い方があるかと思います。

痛い方が右の場合上半身が

左の場合は下半身に何かしらの問題があると言われています。

是非調べてみて下さい!           🐢🐢🐢

 

この文章は柔道整復師、曽我が監修しています。

Continue Reading

夏のお疲れ対策

こんにちは。まだまだ暑い日が続きますが、皆様、いかがお過ごしですか?

暑い中、外でスポーツやお仕事なさる方は、熱中症に気をつけましょう。

水分をとらずに運動を続けると、脱水を起こし、

からだの電解質バランスが崩れて、筋肉のけいれんを起こすこともあります。

時には全身のけいれんとなり、意識障害を起こします。

子供はからだの水分量が大人より多いので、十分な水分が必要です。

のどの渇きを感じてからでは遅いので練習の始めから少しずつ補給しましょう。

さくらでは皆様に夏のお疲れを取っていただくために、キャンペーンを企画しました。

8月26日(月)~31日(土)の6日間限定で、お疲れサマーキャンペーンを致します。

どうぞ、皆様夏の疲れを残さず、夏を乗り切りましょう。

みなさんもご興味あればぜひ、お気軽にお問合せ下さい!

この文章は国家資格所有者が監修しています。

柔道整復師 曽我

Continue Reading

お盆ですね!

こんにちは、かっつんです!

大型の台風10号が接近していますが、皆さんのご自宅や職場は大丈夫でしょうか?

さて、先日人生初の定期検診に行ってきました

結果はなんと!

肥満体質( ノД`)シクシク…

どうやらこのホビットのような身長に対して、ドワーフのような体重だった事と、血液検査にて悪玉コレステロール値が原因だと考えられます。

単純に食べる量に対して運動量が足りてないんですね(汗

これを気に運動しようとは思いますが、なかなかこの暑さの中で運動をする気になれません

しかし僕らには最強の武器、「コアトレ」があります!

コアトレをしてインナーマッスル鍛えれば基礎代謝が上がり、痩せやすい体質になることも期待できます(☆▽☆)

みなさんもご興味あればぜひ、お気軽にお問合せ下さい!

この文章は国家資格所有者が監修しています。

柔道整復師 曽我

Continue Reading

夏の交通事故

こんにちは!

さくらのつよぽんです。

気温が高くなり、うまく体調管理ができず

熱中症・夏風邪が流行りますので

規則正しい生活やこまめに水分補給をしましょう。

 

今日は交通事故についてお話しします。

交通事故が多くなる時期は

7月~8月・12月~1月になります!

夏などは

車で長距離を運転される際に、旅先の疲れが出たり、

たくさん遊んで寝不足や暑さで集中力が散漫になり、

事故を起こす可能性が増えます。

知らない方も多いのですが…

 交通事故の治療は、整骨院でも受けられます。

自賠責保険がつかえますので自己負担0円になります。

他の医療機関からの転院受け入れが可能です。

さらに、病院と整骨院での治療の併用も可能です。

保険適応の手続きや保険会社との交渉のご相談も承ります。

治療期間中は、交通費の支給および休業補償もあります。

詳しくは当院までお問い合わせください!

この文章は国家資格所有者が監修しています。

柔道整復師 曽我

Continue Reading

熱中症

こんにちは

日照不足の梅雨が明けて、急に真夏の様な暑さに見舞われて

体調の方は大丈夫でしょうか?

このような気候が急に変化して暑くなった時に気を付けたいのが熱中症です。

熱中症は、体温調節、水分・塩分のアンバランスで起こると言われています。

症状は、大きく分けて以下の4つに分けられます。

 ①熱失神:血管の拡張による血圧低下 (例)めまい、失神

 ②熱疲労:大量の発汗による脱水症状 (例)脱水感、倦怠感、めまい、嘔吐

 ③熱痙攣:②の症状で水だけを摂取し、塩分を摂取しなかった時 (例)足・腕に痙攣

 ④熱射病:高温環境下での体温上昇 (例)頭痛、嘔吐、めまい

以上のような症状がみられましたら

応急処置として

 ①涼しい場所へ移動する (例)日蔭、クーラーのある室内

 ②身体を冷やす (例)氷嚢などで首の付根、脇の下、足の付根を冷やす

 ③水分と電解質の摂取 (注)意識障害や吐気のある時は、誤嚥する可能性があるため無理に飲 ませず涼しい場所で休ませる

何かおかしいな?と思ったら、まめにスポーツ飲料などを飲み、すぐに涼しい場所で休みましょう

Continue Reading

椅子と腰について

こんにちは!あらちゅうです。

3日連続の真夏日ですがいかがお過ごしですか?

今日は意外な腰に負担のかけてしまっている

座り姿勢についてお話ししたいと思います。

腰痛を持っていらっしゃる方の症状で、椅子から立ち上がる時に

腰が痛いという方が多くいらっしゃいます。

知らない方も多いいかもしれませんが、

座っている姿勢は日常動作の中で腰に負担をかける割合の

おおい姿勢というのはご存知でしょうか?

いい姿勢は骨と筋肉に余分な負担の掛からない状態です。

※姿勢別腰椎にかかる負担(立位を基準として)

座って前屈 1.85倍

座る1.4倍

立って前屈1.5倍

立位1.0倍

横向き寝0.75倍

あおむけ寝0.25倍

 

上記の通り立った時に比べて、座った時にかかる

腰椎への負担が増えているのが分かると思います。

では、腰が痛いなら椅子に座ってはいけないの?

と思う方がいるかもしれませんが、そうではありません。

あくまで椅子に座った時に股関節が曲がり過ぎると

お腹のインナーマッスルやそれを保護する

腹筋が緩みやすくなり、上半身の重さなどの負担が

より腰に負担をかけてしまいます。

例えば、

・フカフカのソファーに深く腰掛けた時

・集中してパソコン作業をしている時の前傾姿勢

・リビングで椅子に浅く座って背もたれに

寄りかかりながらテレビを見ている姿勢など

これすべてお腹が上半身に潰されてその重さが

腰に大きな負担をかけてしまう原因になっています。

~椅子に座る時の腰痛予防~

椅子に座る姿勢の基本姿勢は、背骨も頚も

しっかり伸びていることです。

また、お腹側も少し意識的にして力を入れて

少し腰を伸ばすようにすると

インナーマッスルや腹筋にも力が入りやすくなり

腰にかかる負担が軽減します。

この姿勢をとるためには、股関節が曲がり過ぎず、

膝がしらが股関節と並行または少し高くなり

足の裏がしっかりと床に接地しているといい形です。

普段座っているのが、股関節の位置が

少し高めの椅子の場合は

タウンページのような集めの雑誌などを足の高さを調節すると

楽になると思います。

正しく座ることで腰痛予防になる他に集中力も増すので、

仕事や学生さんは勉強の効率が良くなるかもしれません。

ご自身の日頃の姿勢や生活空間で当てはまるところがあれば

試してみてください。

周りでお困りの方がいらっしゃいましたら

いつでもご相談ください。

この文章は国家資格保持者が監修しています。
柔道整復師 曽我 将一

Continue Reading

在宅診療

8月に入り、暑さが増していますが

いかがお過ごしでしょうか?

 

熱中症に気をつけて

水分をこまめに取りながらお過ごしください。

今回は当院で行なっている

在宅診療のご紹介です。

 

寝たきりや歩行困難により通院が難しい方に

ご自宅や施設にて鍼灸マッサージを行います。

 

医師がその疾患に対して治療が必要と認めた場合は

保険が適応されます。

 

長時間の施術を希望される方や

不定期に施術を受けられたい方

施設に入居されていて保険診療が受けられない方には

自費での施術も承ります。

 

周りでお困りの方がいらっしゃいましたら

いつでもご相談ください。

この文章は国家資格保持者が監修しています。
柔道整復師 曽我 将一

 

Continue Reading