テニス肘

こんにちは、さくらのつよぽんです。

 

4月に入り、少しずつですが気温も上がり

すごしやすくなったのではないでしょうか。

ですが、朝晩少し冷え込みがあったりして、

日中との寒暖差が大きいので体調管理には気をつけてください。

今回はテニス肘についてお話しします。

テニス肘は正しい名前は上腕骨外側上顆炎と言います。
肘の外側にある外側上顆という部分は、

指を伸ばしたり手首を反らしたりする際に使う伸筋が集まり

この外側上顆に過度の負担がかかることで筋肉の変性髄膜の炎症が

起こり痛みを出すのがテニス肘です。

テニスをプレイされる方や、

PCなどを使ったデスクワークをする人に多く見られる症状です。
物をつかんで持ち上げたりタオルを絞る動作の際に、

肘の外側から前腕にかけて痛みます。

テニス肘の原因は「くり返しの負担」と

30~50才に多く発症することから、

加齢による筋力や柔軟性の低下が一番の原因だと考えられています。。

テニスやゴルフなどで繰り返し動作をすること、

または仕事で重いものを持ったり、赤ちゃんを抱いたり、

そのような繰り返しの負担によってテニス肘は生じてしまいます。

テニスのスウィングは手だけでなく全身を使って行う為、

身体の使い方や姿勢不良など、

肘以外の問題によるスウィングの崩れが問題かもしれません。

むしろデスクワークなどの日常生活で起こっていることが原因になることが多いです。

当院では固くなってしまった筋肉に対しては

手技療法で筋肉の緊張を除いていき、

指でとどかない筋肉・筋膜・腱・靭帯などの傷の修復には

超音波治療器などを積極的に使い、アプローチしていきます。

テニス肘は痛みのある所だけ治療してもなかなか改善できません。

日常生活で負担がかかりやすい部位でもあり、繰り返しやすいのです。

この為、根本改善するには症状や痛みの出ている肘周囲の治療だけではなく、

肘や手首の動きに関連する肩関節や肩甲骨の柔軟性をだしてあげるため

当院では猫背矯正などをオススメしております。

また、何かわからないことがございましたらご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

Continue Reading

自律神経について

今回の担当は、THになります。

 

 4月に入り、風が強い日があり花粉症で悩まされている方が多いのでは。

この時期は、ひのきの花粉や黄砂などで昨年よりも症状が悪化しているような気がします。症状を緩和させるためにも、マスク、目薬、鼻スプレー、うがいなどで対処しましょう。

 

さて、今回は「自律神経」についてお話します。

 

自律神経とは、交感神経と副交感神経に分かれ、この2つの神経が体の調節をしています。

 

(眼、内臓、血管など)この自律神経が乱れると、体に不調をきたし、「自律神経失調症」や「自律神経障害」などに繋がっていきます。多くの方は、交感神経が優位になり、副交感神経の働きが悪くなるため、さまざまな症状が現れます。

 

自律神経の症状には以下のようなことがあります。

  • 眼瞼の痙攣

  • 光過敏

  • 咽頭異物感

  • 味覚異常

  • 動悸

  • 内臓障害(胃腸障害)

  • 息苦しさ

  • 不眠、早朝覚醒

などがあります。

 

以上のような症状の原因には、

  • 精神ストレス

  • 構造的ゆがみのストレス

  • 化学的ストレス(食事、栄養)

  • 温度湿度のストレス

などが考えられます。

 

自律神経の調節には、鍼・灸治療が効果的です。副交感神経の働きを優位にし、リラックス効果が出現させ、睡眠促進、胃腸の回復、体の緊張緩和などが改善していきます。

 

また、自律神経症状のある方は、上半身(頚、肩、背部周囲)の筋緊張(浅筋膜)が強く、筋肉が強ばる(固く)なり、姿勢が不良を起こす方が多くいます。

 

当院では、はりきゅう治療+姿勢の矯正などで体調の改善・調節をしていきます。

Continue Reading

当院の治療コンセプト

こんばんは、ラッパーです。新しい年度が始まりました。新しい環境で頑張っている人も多いと思います。そんな頑張っている人たちを当院は応援したいと思います。

そこで、あらためて当院の治療コンセプトついて少し説明します。

1.痛みの軽減。手技療法・鍼灸治療・ハイボルトなど。

2.姿勢の矯正。猫背・骨盤矯正。

3.筋力の強化。コアトレ・体操教室・筋トレ指導。

以上の三本柱で治療を進めていきます。

>>>みなで再発しない健康な状態=健康寿命を延ばしていきましょう。

筋肉の固さや痛みの症状に関しては鍼灸治療が適する場合があります。

症状的には、神経痛・リウマチ・頚腕症候群・五十肩・腰痛症・頚椎捻挫後遺症・などが適応になります。その他、主治医の許可があれば、保険適応になりますので一度ご相談ください。

Continue Reading

足三里

こんばんは!ねぎです!

今日は足三里(あしさんり)を紹介します!

足三里はすねにあるツボです。

膝のお皿のすぐ下の外側のくぼみのところに人差し指をあてて、指四本分下がったところにあります。

◯で囲ってあるのが膝のお皿で、その下の×が外側のくぼみです。

{1940E15E-9E1E-4A5D-A1A5-D03673AC773D}

 

 

≪効果≫

足の疲れ、むくみ、気の不足などによる症状や胃の調子を整える

なんとなく胃の調子が悪いときや、たくさん歩いて足が疲れているときなどに是非押してみてください!

Continue Reading

歩行と骨盤矯正

こんにちは。今回の担当は、THになります。

 

今週は、季節外れの雪になりましたが、積もらなくて良かったです。

 

さくらも咲き始めてくると思いますが、まだ寒暖の差があるので体調を崩さないように

気をつけましょう。夜の花見は、寒さが残るので暖かい服装で行いましょう。

 

今回は「歩行」についてお知らせします。

 

普段、何も考えずに歩行していると思いますが、歩き方は体全体(上肢・体幹・下肢)

を使っていろんな各関節を使って歩いています。

特に、足(下肢)の関節は、重要になります。

 

下肢の場合

骨盤→回旋、前傾、後傾

股関節→屈曲(持ち挙げる動作)、伸展(蹴る動作)

膝関節→屈曲(曲げる)、伸展(伸ばす)

足関節→背屈(つま先上げる)、底屈(つま先下げる)

 

以上のように歩く時は、足(下肢)のいろんな関節を動かす事で、前に進んでいきます。

 

下肢の関節が1つでも正常に動かなくなると正常歩行が難しくなっていき、痛みを避けた歩き方やバランス、姿勢などが崩れていきます。

 

下肢の各関節の可動域(正常に動く)がしっかり動くことが大事になります。

 

歩行時に歩きづらい、つまずく方には、当院の骨盤矯正がオススメです。

 

当院の骨盤矯正は、骨盤周囲(股関節)の可動域を広げる、骨盤の安定、腰椎―

骨盤リズムの調整、体幹の維持などを調整していきます。

 

治療後は、歩きやすい、足が上がりやすくなります。

 

さらに、良くしたい方は、骨盤矯正とコアトレをオススメします。

Continue Reading

三浦マラソン

こんばんは。しまたけです。

気温上がったかと思えば、今日はまた寒いですね。

まだまだ、インフルエンザ流行っているみたいです。気をつけましょう!

 

さて、去る3月4日に行われました

「三浦マラソン」にケアブースとして参加させていただきました。

三浦海岸の駅を降りてすぐ、河津桜が咲いていてとてもキレイでしたよ!

ランナーもこれを見ながらだと頑張れるんじゃないでしょうか!?

そして例年より10℃も気温が高く、とても暖かい(人によっては暑い位)天気でした。

 

ケアブースも大反響!150名近くのランナーにブースを体験していただきました。

来ていただいたけど、治療を出来なかったランナーもいましたが

来年もまた参加予定なのでまた、よろしくお願いします^^

 

Continue Reading

疲れとインナーマッスル

疲れと深層筋(インナー)

私たちが効率的に動くためには、

動くことに必要な部位以外の筋肉は休んでいることが望ましいと言われています。

身体を支えるための深層筋(インナー)がしっかり働いて関節を安定させることができて初めて不要な力を抜くことができるのです。

深層筋は関節・姿勢維持に機能するため遅筋の割合が多いとされています。

深層筋が機能していないと表層筋(アウター)は動くことに専念できず、体を支える役割も担うことになり常に全身に力が入った状態になってしまいます。

表層筋はたくさんのエネルギーを必要とし、これらの筋肉が常に収縮しているということは、疲れやすいからだとも言えます。

ゆえに深層筋(インナー)を鍛えることが疲れにくい体になるのです。

当院では正しい姿勢を維持するための体幹のインナーを活性化させるコアトレーニングの治療を提案させていただいています。

Continue Reading

三陰交

 

こんばんは!ねぎです!

今回は三陰交(さんいんこう)を紹介します!

三陰交は足首の内側にあるツボですニコニコ

内くるぶしの1番高いところから指4本分上の骨と筋肉の境目ににあります。

{560FA346-9263-4FCA-89F9-BB7BA4C5D6EE}

効果

冷えやむくみ、更年期、生理痛や過多月経など月経に伴う様々な不調

女性特有の悩みがある方はジーンと響くようなツボです。

注意

「逆子」「安産」など、妊娠中にも有効と言われている三陰交ですが、妊娠初期に三陰交を刺激すると流産の可能性があるので禁忌です。

妊娠が分かったら三陰交の刺激はやめるようにしてください!

 

ツボ押しを継続して行うと体質改善にもなります!

是非お試しください(*゚ー゚*)


Continue Reading

平昌から東京へ

こんにちは😃

さくらのHSです。今日はちょっと違うblogネタです。温かくゆるーくみて下さい照れ

連日熱戦が繰り広げられていた平昌オリンピックも25日に閉幕しましたね!世界中からアスリート達が集結し、日頃の練習と選手達の勝負へのひたむきさに胸を打たれた方も多かったのではないでしょうか?✨

我が家も家族一同、テレビの前で声援を送ってましたーー🎉

さて、オリンピックはアスリート達の勝負の行方に目がとらわれがちですが、オリンピックにはもっと大きな目的があるようです。その一つが、

スポーツを通じて、体と心を鍛えよう!と、いうものですビックリマーク

確かにアスリート達は辛い練習を乗り越え、オリンピックを目指して強い意志で取り組んできた事がわかります。そこに至るプロセスに培われる強靭な体と、自己を律する意思を身につけることこそ、オリンピックの意義かもしれないですね爆笑

次は2年後の東京オリンピックが開催されます!

ぜひオリンピックの意義を心の片隅に置いてオリンピックを迎えると、また違った感動があるかもしれませんね〜ウインク

Continue Reading

インナーマッスル

インナーマッスルとは、関節や大きい筋肉(アウターマッスル)をスムーズに動かす役目をしていきます。大きい筋肉(アウターマッスル)と比べると力が弱いのですが、持続力に優れた能力も持つ筋肉になります。

 

特に、体幹に付くインナーマッスルは、姿勢を維持にするのに重要な役目をしていきます。このインナーマッスルが使うことが出来ないと、脊柱起立筋(背部~腰部)を使って姿勢を随時維持していくので、背部から腰部にかけて筋緊張が強くなり、姿勢不良(猫背)や腰痛などの原因になってきます。

 

アウターマッスルを鍛えるのは、筋力トレーニングなどで鍛えることができますが、

インナーマッスルを鍛えるのは、非常に難しくて意識してトレーニングしてもなかなか鍛えることが出来ないのが現状です。

 

当院では、機械でインナーマッスルを鍛えることが出来きます。寝ているだけで、体幹を鍛えることができるので、別名「楽トレ」と言われています。

 

この機械の特徴は、50万Hzの出力があり、体幹の深部筋肉まで電気刺激が入ってきます。

 

通常の電気の出力では、体表面の筋肉(アウターマッスル)しか刺激が入らないので、

体幹のインナーマッスルまで到達することが出来ません。

 

最近では、スポーツ選手だけでなく、手軽に出来るので高齢者施設や介護施設などでも導入してきています。

 

 

<こんな症状の方にオススメ>

  • 30分歩けるが、30分立っていられない(動いているのが楽)

  • 座りっぱなしが辛い(背もたれにもたれず座れない)

  • 疲れやすい(朝起きられない、すぐ眠くなる)

  • 体の表面の筋肉が硬い(特にふくらはぎ)

  • 脚が上がらない、よくつまづく

  • 猫背

  • 腰が痛い、肩が凝っている

  • 治療後に痛みがすぐ戻る

  • 基礎代謝が低い(体温が低い、35度台)

  • メタボ(内臓脂肪が多い)

  • 血圧高い

  • 中性脂肪、コレステロールが高い

  • 血糖値高い

  • 内臓周囲がある人

Continue Reading