(足関節捻挫)チェックリスト/説明

1つでも当てはまる方は、一度「さくら鍼灸整骨院 大船院」にご相談ください!

  • 足を捻り、病院で「捻挫」と診断された
  • 早く元の生活に戻りたい
  • 試合を控えているので、テーピングをしたい
  • 安静に、と言われたが 早くスポーツに復帰したい
  • 「捻挫」を繰り返すので、なんとかしたい

超音波による施術の様子

足関節(足首)捻挫のほとんどは、足関節を内側に捻ることによって起こります。

症状は、外くるぶしの前側や下の痛み、腫れ、熱を持ちます。

押すと痛い

動かすと痛い

体重をかけると痛い

など、程度が ひどくなると、多くの痛みが伴います。

捻挫は、しっかりと施術しないと再発しやすく、癖になってしまう方も多いです。捻挫くらいなら…と思わず、一度、さくら鍼灸整骨院 大船院までご相談ください。

当院の「捻挫」に対する施術

足関節の捻挫で 来院される方は とても多いです。

さくら鍼灸整骨院 大船院では、関節の不安定性など、捻挫の程度をしっかりと見極めたうえで、施術を始めます。

腫れや熱が残っている場合は 冷やしたうえで、患部を避けてマッサージを行い、必要であれば、ハイボルテージ超音波で施術します。

症状が強い場合は 程度に応じて テーピングで固定をすることもあります。

ハイボルテージ

ハイボルテージによる施術

電流の刺激で組織を活性化して自然治癒力を高める働きがあり、痛みを緩和したり、炎症を早く落ち着かせる効果があります。

超音波

超音波

熱を体内で発生させて血行を良くし、電気や手技では届かない深部にアプローチできます。また、高い鎮痛効果を期待でき、損傷した軟部組織を効果的に治癒へ導きます。

テーピング

テーピング

固定するだけではなく、運動のパフォーマンスを上げるテーピングも行っています。

手技と鍼灸治療

手技

炎症が落ち着いてきたら、血行を良くする為に温めます。手技で患部周囲の筋肉の血行を促進します。鍼灸治療は、損傷部分に血流を集めてくれ自己治癒力を高めます。

さくら鍼灸整骨院

〒247-0006神奈川県横浜市栄区笠間1丁目5-1 リーフビル2階